見出し コーヒー用語について

見出し グラインド

焙煎した豆を砕いて粉にすること。
その細かさ加減(挽き方)には、主に下記の表の5段階があります。

コーヒーは粉にすると急速に酸化が進み、鮮度が落ちていきます。
従って、必要な量だけ挽くのが基本で、コーヒー本来の味を楽しめます。
また、この挽き方も味わいの決め手の一つでもあり、コーヒーを入れる方法によっても相応しい挽き方は異なります。

マークハワイコーヒーでは、豆の挽き方をお選びいただけます。 お好みや使用器具に合わせてご注文ください。

粗挽

粗挽

ザラメ程度の大きさ。

【適した器具】
パーコレーター、サイフォン、フレンチプレス、ネルドリップ

やや粗挽

やや粗挽

粗挽と中挽の間程度の大きさ。
ペーパーを使うのであれば中挽き。蒸気圧を利用してコーヒーを抽出するサイフォン式やネル・ドリップ式にも向いている。

【適した器具】
サイフォン、ネルドリップ

中挽

中挽

グラニュー糖とザラメの間程度の大きさ。
ペーパーを使うのであれば中挽き。蒸気圧を利用してコーヒーを抽出するサイフォン式やネル・ドリップ式にも向いている。

【適した器具】
コーヒーメーカー、ペーパードリップ

やや細挽

やや細挽

白糖とグラニュー糖の間程度の大きさ。
ダッチ・コーヒーの名で知られるウォーター・ドリップ(水出しコーヒー)などに用いられる。

【適した器具】
ウォーター・ドリップ

細挽

細挽

白糖のような細かさ。
エスプレッソコーヒーに適した挽き方。イブリックを直接火にかけて楽しむタ-キッシュ・コーヒーにも適している。

【適した器具】
エスプレッソ マシン

見出し ロースト(焙煎)

生豆を加熱して煎ることを「焙煎(ロースト)」と言います。
水分が取り除かれ、化学変化が起こり、コーヒー独特の香味成分が作られます。
焙煎の度合いで味わいが変わるので、焙煎を行う人やお店によってコーヒーの味は異なります。

ローストは、大きく分けると

  • 浅煎り
  • 中煎り
  • 深煎り

の3つに分かれます。
マークハワイでは、最もおすすめの「中煎り(レギュラーロースト)」でお届けいたします。

生豆
生豆

アメリカンローストアメリカンロースト

レギュラーローストレギュラーロースト

ダークローストダークロースト


見出し コーヒーとハワイ、コナコーヒーの歴史

世界各地で愛飲されるコーヒー。
人間とコーヒーの関わりには古い歴史があります。
コーヒー、ハワイとコーヒー、コナコーヒーの歴史年表、少しずつ作っていきますのでぜひまたご覧ください。

昔々

コーヒーの原産地はエチオピアと言われています。
アフリカ・エチオピア高原(アビシニア高原とも)には古くからコーヒーの木(もちろん野生)が生育していたと考えられています。
エチオピア高原はコーヒーの生育に適した気候と土壌に恵まれていて、今も野生のコーヒーの木を見ることができます。

6世紀

古代アビシニア(現在のエチオピア)で、ヤギ飼いのカルディがコーヒーの実を発見したのがコーヒーと人類の初めての出会い、という伝説があります。

西暦900年頃

歴史上、コーヒーについての最も古い記録が書かれたのがこの頃。バグダッドで活躍した医師ラーゼスによるもので、コーヒーの効用について記述されています。
ラーゼスはコーヒーの薬効を熟知し、医療に利用。その詳細な臨床記録は史上初、「胃に効き目がある」と薬効を説いているとのこと。

1000年前後

イブン・シーナー(980〜1038)が、コーヒーの具体的な飲用法を記し、「正しく煎じた液はよく澄んで、胃に効果がある」と唱えました。
*イブン・シーナー:ラテン名Avicenna(アビセンナまたはアビケンナ)。中央アジア生まれのイスラム哲学者、医師。

13世紀

イエメンで、イスラム教徒のシーク・オマールがコーヒーの実を発見して薬として利用し始めたという伝説があります。

13世紀後半

この頃になって、豆を煎って煮出すようになったとされています。

14世紀

アラビアを中心としたイスラム教の寺院で、生豆を煮出して秘薬として利用。
コーヒー煎汁は「カーフワ」(Qahwa、もともとは「ワイン」を意味する言葉で、「眠りを妨げるもの」の意もあるとのこと)と呼ばれ、現在のイラクやエジプトなどにも広まったものの、イスラム教寺院において独占的に扱われ、一般に広まることはありませんでした。イスラム教の人はお酒が飲めないので、「ワイン」と同じ名で呼び、お酒に代わる貴重な飲み物としていたといわれています。

15世紀

イエメンのあたりでコーヒーの木が栽培され始めましたとされています。
水に豆を細かく砕いて入れたものを入れて火にかけ煮出すトルコ式の飲み方が誕生
15世紀のものと思われる煎り器やコーヒーポットが、トルコ、ペルシア、エジプトなどで発見されています。
アラビア周辺諸国、エジプト、ペルシア、トルコ、などでは、15世紀末から16世紀に至る頃には、焙煎の技法とコーヒーを煎って飲む風習が広がっていったと考えられています。
イスラム教徒たちはますますコーヒーに親しむようになり、寺院の周辺にはコーヒーの露店が立ち並ぶようにもなったそうです。